FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´^ω^`)

魔理沙「よー霊夢、相変わらずひまそうだな。」

霊夢「暇じゃないわよ、今だって忙しいわよ。見ればわかるでしょ?」

魔理沙「どうみても寝っ転がってるだけだぜ。」

霊夢「寝っ転がってるだけにみえる?ほら、ちゃんと洗濯物が乾いてく様をみとどけてるわ。」

魔理沙「・・・楽しいか?」

霊夢「・・・楽しそうにみえる?」

魔理沙「・・・」

霊夢「なにかいいなさいよ!」

魔理沙「いやぁ・・・大変そうだな・・・いろいろと・・・」

霊夢「それはわかったから、何の用なの?」

魔理沙「いや、食えそうなキノコが沢山採れたからな、味噌汁でも作ってもらおうとおもってな。」

霊夢「まぁ、今夜の汁物まだ作ってないし、手伝ってくれるならいいわよ。」

魔理沙「たすかるぜ。」


・・・
・・


霊夢「ねぇ・・・魔理沙。」

魔理沙「ん?どうした?」

霊夢「このすっごい臭いのは何?」

魔理沙「あぁ、これ? めずらしいもんだから食ってみようかとおもってな。」

霊夢「見るからに毒々しいわよ・・・これ。」



魔理沙「胃に入れちまえば問題ないぜ。」

霊夢「二人とも死ぬわよ。ほら、捨てる捨てる。」

魔理沙「わっとと!なにするんだぜ!?まだ食っても無いのに捨てるなんてもったいない!」

霊夢「じゃああんただけ食ってなさいな。わたしは普通に食べるから。」


魔理沙「・・・わかったぜ。帰ってアリスにでも食わせるぜ。」

霊夢「自分で食べる気は無いのね。」

魔理沙「死にたくないからな」

霊夢「・・・(あの魔法使いかわいそうに・・・)」

魔理沙「ほら、できたぜ。うまそうだ」

霊夢「まぁ、わたしが作ったからね。美味しいに決まってるわよ?」

魔理沙「ははっ、自信満々だな。」

霊夢「伊達に一人暮らししてないわよ。」

魔理沙「それ、さみしくならないか?」

霊夢「まぁ、ちょっとね」

魔理沙「じゃあ、今度宴会でも開くか? 」

霊夢「昨日やったばっかでしょ?」

魔理沙「そうだったっけ?覚えてないぜ。」

霊夢「酔いつぶれて7色の魔法使いに家まで送り届けられてたのはだれだったかしら?」

魔理沙「見られてたか」

霊夢「嫌でも見るわよ。」

魔理沙「まぁ、そちらの資金じゃ当分宴会は無理そうだな。」

霊夢「・・・うっさいわね。」

魔理沙「宴会やる時は幹事任せてくれよな。」

霊夢「えぇ、お願いするわ。」

魔理沙「じゃ、あたしは帰るぜ。」

霊夢「えぇ、妖怪に気をつけて。」

魔理沙「あぁ、まかせろ。」

・・・・・


ノリで言葉だけの小説書いてしまった。

絵描いたらなんか小説と一緒に載せようかなーって思っただけです。

メイプル復帰はまだまだですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らんおー

Author:らんおー
Twitterとかで活動してるおっさん

東方同人サークル「Let's give up!」様のサークルに所属しております。
絵をかいたりゲームしたり。

Twitter:@rano_remi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。